月の逃走

トイレでひとり歌っていると
月がころがりこんで来た

裸のままで
自転車に乗って
暗喩の森を駆け抜けて
月がわたしに会いに来た

外の通りを 美しい女が歯を磨きながら歩いていく
公園のベンチでは
妊婦服を着た男がリンゴジュースを飲んでいる
世紀末には健康がつきものだ

空にぽっかりあいた穴
月のような不安も月のような憂いも消えて
「のような」たちが 穴のまわりをほがらかに飛びまわる

深淵の皺は伸び
つるつるになった苦悩の表面で
詩人たちがスケートを始める

月 ー わたしの — となりの

© 多和田 葉子/Yoko Tawada
录制: Haus für Poesie / 2017

月亮的逃跑

一个人在厕所唱歌时
月亮
滚进来

光着身子
骑上自行车
穿过暗语的森林
月亮来与我相会

漂亮的女人边刷牙边走在
外面的大路上
公园的长椅上
穿着孕妇装的男人喝着苹果汁
世纪末离不开健康

天空突然裂开一个大洞
月亮的不安和忧愁一起消失
“类似这样”的东西
在大洞的周围爽快地飞翔

深渊的皱纹伸展
在苦恼变得光滑的表面上
诗人们开始溜冰

月亮……我的……旁边的

Translated by Tian Yuan